▷calme you◁

かがやけ未来へ

おセンチ三十路

最近、急降下な恋愛模様。

 

長年1人で過ごすと、色々な部分で

よく分からなくなる。

 

好きなのかどうかも分からなくなる。

 

本当詩が書けるぐらい。笑

広告を非表示にする

おいてけぼり。

6月終わって、もう7月になっていた。

世はジューンブライドっていうのに

なかなか忙しくならず
 
このまま私は建築業界から

干されるのかと思ってたら
 
ちゃーんと半ばに現場が決まりました。
 
でも現場全休があったりで、

半分休みでしたがなんとかなんとか、

頑張った。っというか

まともに仕事ができている自分がいる
 
会社にも尽くし、

私のモットーが少なからず発揮

できているはず…きっと。
 
半ばから現場がドシドシできていく中、

現場でほぼ一人。
 
監督補佐なのに、監督と呼ばれる(笑)
 
そして、足場完成!
 
1本1本の鉄パイプを重ねかさね、

鳶職人さんの汗と努力の結晶
 f:id:norichi5:20160720002320j:image
この直交クランプ一つで、人の命を守る。

そこに感動する。

 
足場に登り、塗装開始した6月下旬。
 
塗装初日につき、また一人。

気楽でいいっちゃいいけど。
 
監督と呼ばれるたびドキドキする。

慣れちゃ天狗になりそうで怖いけど。
 
女監督(笑)
  
そして感動屋な女監督の大半は、

職人さんについて写真を撮り。

 

写真の撮り方を褒められテレて。笑
 
資材の匂いにも、なんか好きで、
嫌にならず、"職人やる?"

なんて言われたり
f:id:norichi5:20160720002335j:image 
色々な職人さんの知識や

裏技を聞いて、わくわくする三十路前。
 
1日1回は、間違いなく感動する自分。
 
職人さんの技術力に感動。
 
保育士やめてよかった。

子どもたちの成長も感動するし、

涙する。
 
けど、物ができていく感動が

ここまで感動して心を射止めるなんて

思わなかった。
 
子どもたちの成長も

心を射止めてたけど、
 
結局な問題、自分がお腹を痛めて

いないのが実際問題。
 
なんでも簡単にわかりますなんて

言えない自分との葛藤の日々
 
お腹を痛めて産んだ母にしか

分からないこともある。
 
っていう現実を保育士時代は痛感した。
 
真逆の業界に三十路前に人生の賭けで

飛び込んでよかった。
 
同じような感動を、

味わえる職業に就けた。
 
今度は、先生じゃなくて監督。
 
保育士の頃は、

先生って名に恥をかかないようにって

汚さないようにって思ってたけど。

今度は、監督と呼ばれることに

誇りを持とう。
 
オンナって監督って呼ばれる職業にキリがあるって思ってたけどそうじゃないみたい。

広告を非表示にする

おもい。

f:id:norichi5:20160720001946j:image 
何に関しても淡白に生きようと

思った6年前。
 
子どもの人生の架け橋、

保育士として上京したある日
 
人生の第一歩、架け橋として。
 
思いとは裏腹に、淡白に生きれず

情に深くのめり込んでしまった。
 
子ども相手とは違い、

今の仕事は大人対大人の社会に入って
 
もう3ヶ月が過ぎ、会社の悪な部分を

見てしまっても諦められず
 
ドンドンドンドンのめり込んでしまう。
 
一種の中毒のようなもの。
 
でも、はっきりしているものがあって、
 
自分の中にある淡白に

なりきれない部分で

のめり込んでいるということ。
 
教育者であったあの頃とは

また別の自分がいる。
 
それが今の私の、幸せなのかもしれない。

広告を非表示にする

tokyolife.

f:id:norichi5:20160720001429j:image

 

久しぶりのブログ生活。
 
何年後かに読み返して、

笑ったりしんみりしたり出来るように
 
日々の記録として残しておこうと

思いました。

今が一番だと思ったり、

もっと上へ上へ行こうと思ったり
 
自分の考えることは一番怖いけど、

自分が自分を信じなければ

先にも進めない。
 
関東に出てきて6年が経ち、もう7年。
 
これから先も帰省以外では

故郷で生活なんて考えられない。
 
あたしがあたしらしく、

居られる場所見つけたから。

 

それが、ここ。tokyo

広告を非表示にする